スポンサードリンク

2008年04月16日

圧力鍋で作るポトフ!豚肉のトマト煮

◆材料(4人分)
豚肩肉      600g
(脂身の少ない肩肉をオススメします) 
玉ねぎ      1/2個
にんじん     1本
じゃがいも    2個haricot.jpg
乾燥白いんげん豆 50g
にんにく     3片
ブイヨンスープ  1カップ
(顆粒や固形のブイヨンと水でOK)
トマトペースト  大さじ1
ローリエ     1枚
オリーブオイル  大さじ1
粗塩
(フランス産ゲランドがあればBetter)
粗挽き黒こしょう

◆作り方
1.白いんげん豆はさっと洗い、約4倍の水に一晩浸し戻しておく
2.豚肉を一口大に切り、粗塩と粗挽き黒こしょうをふり、手で揉み混む
  玉ねぎとにんにくはみじん切り、キャベツは2等分に切る
  じゃがいもは皮をむき1個を2等分に、
  にんじんは縦、横2等分にして4つにする
3.圧力鍋にキャベツ、にんじん、じゃがいも、水気を切った白いんげん豆、
  ローリエを入れる
4.熱したフライパンにオリーブオイルをひき、
  豚肉の表面を焼き色をつけながら焼き、焼けたら圧力鍋にうつす
5.4のフライパンに玉ねぎとにんにくを入れ、茶色に色づくまで炒め、
  トマトペーストとブイヨンスープを加えて混ぜ、圧力鍋に注ぐ
6.圧力鍋のふたをして加圧する
  ※圧力鍋で強弱の調節ができる場合の目安時間
   【弱】9分 【強】7分
7.加圧後火を止め、圧力が下がるまで自然放置し圧力が下がったらふたを開ける


この料理は、フランス語で「Ragout de porc(ラグー・ド・ポー)」といい、
フランスでは家庭料理としてはもちろん、レストランやブラッスリーでも
メニューとして載せられている一般的なフランスの料理です。
パリのレストランや、知り合いの家でごちそうになるラグー・ド・ポーは、
日本の家庭の煮物料理と同じで、家庭やお店によて味が異なります。
今回紹介したレシピは、パリで同じアパルトマンに住むマダムから
教わったものです。


かわいい旬の野菜<春>でポトフを作りましょ!

えんどう豆、アスパラガス、キャベツ、そら豆、小松菜、から
菜の花、わけぎ、春菊、ニラ、山菜、ふき、みつ葉、レタス、
クレソン、ラディッシュなどが、3月〜5月の春の野菜です。


T-FAL.jpgかわいい圧力鍋の主要なメーカー

◆ティファール(T−FAL)
◆フィスラー(FISSLER)
◆WMF
◆クーン・リコン(KUHN RIKON)
◆ビタクラフト(Vita Craft)
ティファールの圧力鍋



かわいいポトフのダイエット効果

ポトフはたっぷりのお野菜をコンソメやブイヨンなどで
コトコト煮るだけでできる簡単なお料理。煮込んだお野菜とスープは適度に
お腹も膨らみ、体も温まります。
繊維をたくさん摂れるポトフは、お腹をスッキリさせる効果もあります。
1か月に3〜4kgダウンできたケースもあるとか。
材料にヘルシーな肉の部位を使用すれば、さらに効果UP!豚肉なら、ヘル
シーなフィレ肉やもも肉などがオススメです。
健康にも、ダイエットにもオススメのポトフです。


るんるん圧力鍋で作るポトフ!豚肉のトマト煮

posted by cuisiniere francaise at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧力鍋で作る!レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93568476

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。