スポンサードリンク

2008年03月26日

『ポトフ』も鍋を変えれば「エコ・クッキング」ができる! <圧力鍋>

今回は、圧力鍋にスポットライトを当ててみたいと思います。

WMF.jpg昨今、「エコ・クッキング」という言葉が世の中を飛び交っています。

「エコ」とは何か?
Wikipedia(ウィキペディア:ネット上のフリー百科事典)によると、

<エコロジー>とは、
「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動などのこと。
<エコノミー>とは、
言葉そのままの意味の”経済”であり、
人間社会における生産・分配・流通・消費等の活動をめぐる関係性の総体。

とあります。そうすると「エコ・クッキング」とは、
「地球にやさしく、経済的にも負担の軽くなる料理」ということになりますね。

『ポトフ』は、肉や野菜を長時間煮込むことによって美味しくなる料理。
そう考えると、まず「エコ・クッキング」で作っていただきたい料理となります。

そこで圧力鍋の出番です!
圧力鍋の優れた点は、<短い加熱時間>と<保温調理で料理が作れる>ということ。
ポトフ作りに、時間のスピードアップを図れるのであれば、
ガスや電気の消費量が減るだけでなく、
ワーキング・ママなど忙しい毎日を送られる方には強い味方となります!

圧力鍋で有名なメーカー名と、その特徴を挙げておきます。

◆ 世界で初めて家庭用圧力鍋を発売したティファール(T−FAL)

◆ 高い技術と革新的なアイデアにより発明されたスプリング式の圧力鍋を開発し、
  蒸気や匂いを外に漏らさず、音も静かで使いやすいと評判の
  FISSLER(フィスラー)

fessler.jpg◆ ワンタッチで取手を取りはずす事ができ、
  蓋との接合部分につきやすい料理カスもすみずみまで洗え、
  清潔に使用できると評判のWMF

◆ スイスの有名老舗キッチンウェアメーカーの
  クーン・リコン(KUHN RIKON)

◆ 無水・無油、低温、定圧調理を軸とした「健康調理」を一貫して提唱している
  ビタクラフト(Vita Craft)


「圧力鍋」から連想される言葉の、トップ3に挙げられる「値段が高い」
という言葉。う〜ん・・・確かに他の鍋に比べると値段は高いかもしれません。
ですが、長い目で見た場合、月々かかる光熱費や、料理をする時間の短縮
を換算してみるといかがでしょうか?
おまけに料理も簡単に美味しく作れてしまい、利点はいっぱいあります。

最近では、圧力鍋の価格や特徴を比較するサイトが
インターネットにいくつも登場しています。
ネット通販やオークションを利用すれば、さらにお得なお値段で入手することも可能。
その様なツールを活用して、この機会にご検討されてみてはいかがでしょうか?


るんるんポトフでエコ・クッキング


ラベル:圧力鍋 エコ
posted by cuisiniere francaise at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。