スポンサードリンク

2008年02月05日

圧力鍋で作る!ソーセージ『ポトフ』の作り方

今回は「エコ・クッキング」のできる圧力鍋を使ったレシピを紹介。
ソーセージの『ポトフ』に挑戦してみましょう。
ポトフ6.jpg

◆材料(4人分)
ソーセージ    大8本
(粗挽きやチョリソ等お好みのフレーバーで可)
玉ねぎ      2個
(小玉ねぎでも可 8〜12個)
じゃがいも    4個
にんじん      2本
キャベツ     1/2個
(芽キャベツでも可 12個〜16個)
ブーケガルニ   1束
(お好みのハーブ類で用意)
スープ<A>
 黒粒こしょう    約12粒
 粗塩       小さじ2
 水         4カップ
 顆粒洋風だし    小さじ2
付け合わせ    各適量
 マスタード
 ピクルス(コーニッション)
 粗挽き黒こしょう
 粗塩(ゲランドがあれば尚可)

◆作り方
1.にんじんは皮をむき4等分に、じゃがいもは皮をむき2等分に切る
  玉ねぎは皮をむき4等分に切り、キャベツは4等分のくし切り
  (小玉ねぎと芽キャベツの場合は1個をそのままで使用)
2.スープ<A>の材料を混ぜておく
3.圧力鍋に、下からにんじん、じゃがいも、ソーセージ、
  玉ねぎ、キャベツ、ブーケガルニの順に重ね入れ、
  スープ<A>を加えて煮立て、浮いてくるアクを取り除く
4.圧力鍋のふたを閉め、圧力がかかったら弱火にして7分加熱
 ※圧力鍋で強弱の調節がある場合、【弱】にするとじゃがいもの煮くずれを防げる
5.火を止めて圧力が下がるまで自然放置し、圧力が下がったらふたを開ける
 ※肉と野菜がふっくらとし、美味しいポトフに仕上がります
6.スープはスープ用の器に注ぎ、前菜としていただく
  肉と野菜は別の器に盛り、メインディッシュとしていただく
 ※メインディッシュは、マスタード、粗塩、粗挽き黒こしょう、
  ピクルスを添えてサーブする


かわいい≪ブーケガルニ≫のブレンドに向くハーブ

タイム、ローリエ、パセリの茎、セロリ、
ポワロねぎ(長ネギで代用可能)、コモンセージ、オレガノ、
エストラゴン、マジョラム、バジルなどのハーブ。

使用するハーブに決まりはないので、料理の素材や用途、
お好みの香りに応じて種類を変えてください。
基本の≪ブーケガルニ≫は、タイム、ローリエ、パセリの茎、セロリ。
これは、フランスのパリに住んでいた頃、
仲良しのマダムに教わったハーブのブレンドです。


かわいい圧力鍋のプチ知識

圧力鍋をフランス語で、
「Cocotte-minute(ココット・ミニュット)」といいます。
実はこの呼び名、フランスのセブ社(現在はティファール社と合併)が、
圧力鍋につけた商品名。
それが、圧力鍋の一般的な呼び名となってしまったというわけです。
ちなみに、圧力鍋を発明したのは、蒸気機関車の発明家として有名なフランス人、
ドゥニ・パパン。
17世紀後半のことです。


かわいいポトフのダイエット効果

ポトフはたっぷりのお野菜をコンソメやブイヨンなどで
コトコト煮るだけでできる簡単なお料理。煮込んだお野菜とスープは適度に
お腹も膨らみ、体も温まります。
繊維をたくさん摂れるポトフは、お腹をスッキリさせる効果もあります。
1か月に3〜4kgダウンできたケースもあるとか。
材料にヘルシーな肉の部位を使用すれば、さらに効果UP!豚肉なら、ヘル
シーなフィレ肉やもも肉などがオススメです。
健康にも、ダイエットにもオススメのポトフです。



るんるん圧力鍋でつくる ソーセージ『ポトフ』の作り方



posted by cuisiniere francaise at 23:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 圧力鍋で作る!レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の添え状 at 2014年07月06日 13:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

セレブ級こだわり絶品ポトフの作り方
Excerpt: 腕のない私でも作れる、セレブもうなる絶品ポトフの作り方
Weblog: アイデアホイホイ
Tracked: 2012-01-24 21:14

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。