スポンサードリンク

2008年01月12日

お肉も野菜もたっぷり!本場の『ポトフ』

orange.jpg◆材料(4人分)
牛バラ塊肉  500g
牛スネ塊肉  500g
にんじん   2本
じゃがいも  3個
ポロねぎ   1本
(長ねぎ、玉ねぎでも可)
セロリ    1本
ブーケガルニ 1束
塩(ゲランドの粗塩があれば尚可)
こしょう 
マスタード  各適宜
ピクルス
タコ糸    

◆作り方
1.肉をタコ糸で縛る
2.じゃがいも、にんじんの皮をむく
3.ポロねぎ、セロリを3〜4つに切り分ける
4.厚手の鍋に、肉、にんじん、じゃがいも、ポロネギ、セロリ、ブーケガルニを入れ、
  具材が少し浮かぶくらいまで水を注ぐ
5.火にかけ、煮立ったらアクをとり弱火にする
6.ふたをして約1時間煮る
7.肉を取り出し、タコ糸をはずし切り分ける
8.スープは別の器に注ぎ前菜としていただく
9.切り分けた肉と野菜は8と別の器に盛りメインディッシュとしていただく
※ メインディッシュは、マスタード、塩・こしょう、ピクルスを添えてサーブする


かわいい旬の野菜<冬>でポトフを作りましょ!

白菜、かぶ、小松菜、ほうれんそう、芽キャベツ、ブロッコリー、
カリフラワー、水菜、大根、ねぎ、せり、うど、ふきのとう、
チコリ、パセリ、サラダ菜などが、12月〜2月の冬の野菜です。


パリの大学に通っていた頃、同じアパルトマンに住むフランス人マダムから教わった
『ポトフ』のレシピ。フランスの各家庭で材料や作り方は様々との話を聞き、
日本の煮物と通じるところがあるとシミジミ感じました。
1度に作る『ポトフ』の量を多くして、残った野菜や肉を使い他の料理にするとも。
生活の知恵ですね。

学生だった私にとって、『ポトフ』は安価な野菜とお肉で作れ、
効率的に十分な栄養の摂れる感謝の料理。
『ポトフ』の温かいスープも、体だけでなく、心も癒してくれました。
美味しくてやさしい『ポトフ』。フランスに居た頃を思い出す料理です。


るんるん本場のポトフ

posted by cuisiniere francaise at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ル・クルーゼで作る!レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87431063

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。